横浜・川崎の外壁塗装・防水工事ならHAMAまで

株式会社HAMA

防水工事
Water proofing

防水工事の必要性

防水工事が必要となる箇所

建物はどうしても水が内部に入り込むと耐久力が弱くなってしまう性質があります。
屋根や外壁、ベランダやバルコニーがひび割れて水漏れが起きてしまうと住宅の劣化に即座に繋がってしまいます。
そういう漏水による建物被害を防ぐ役割をするのが防水工事です。
何十年と長く快適に住んでいきたい住まいだから、防水工事を定期的に行う必要性が出てきます。定期的にメンテナンスをすることで建物の寿命を延ばし、資産価値を守ってくれる役割を担っている工事です。

建物への漏水による被害は、すぐにはわからず徐々に現れてくるものです。
建物の中に留まって木材や鉄筋を侵食することもあります。
そうなる前に、上記のような症状が確認できるようであれば、業者に定期的に点検依頼を行うことをおすすめします。
5~10年程メンテナンスしていない場合は是非ともご検討ください。
点検の結果、防水工事をする必要がない場合もあります。
しかし、すでに漏水していた場合などは早めの対処が建物を守る上で必要です。

シーリングの必要性

漏水を防ぐ防水工事の一つにシーリングがあります。
外壁コンクリートを打ち込む際の継ぎ目の隙間から雨水などが入り込まないように 柔軟性のある目地材のことをシーリングといいます。このシーリング工事をすることによって継ぎ目やサッシなどの建具とコンクリートとの隙間を埋めて雨水から建物を守ります。
シーリング材は年数を経ることで劣化・硬化・亀裂などが生じ、建物を漏水から守る機能が薄れてきます。一般的なシーリングの耐久年数が10年程度なので、定期的に点検しシーリング箇所の打ち替え・打ち増しをして防水効果を維持する必要性があります。

防水工事の種類

実際に防水工事を考えてみると、たくさんの種類があり、何を頼んだらいいのか迷ってしまいます。
迷ったら診断をしてもらい、予算や希望と状況を見て判断するのが一番いい方法なのですが、事前に知っておきたいという方は、下記にご用意した表を参考にしてください。
それぞれの防水工事により適用箇所を判別することができます。

種類 耐用年数
(露出断熱仕様)
特性 施工に適した場所
ウレタン防水 約10~13年 ウレタン防水は液状材料を塗布する工法の為、下地の複雑な形状になじみやすく継ぎ目がありません。既存の防水層を撤去しなくても塗布できるので費用が軽減できトータルコストが抑えられます。重ね塗りが出来るので、その後のランニングコスト削減にも繋がります。 ・住宅ベランダ
・マンションやアパートのベランダ
・マンションの屋上
ゴムシート防水 約10~13年 複数のゴムシートを重ね合わせた工法です。伸縮性と軽さがありコストも抑えられます。その耐久年数は長く、約12~15年ほどあります。歩行には不向きな特性がありますが、軽歩行は可能です。防音にも優れています。 ・住宅ベランダ
・ビルやマンション屋上
塩化ビニールシート防水 約13~15年 厚さ2mmほどの塩化ビニルシートを接着剤で張り合わせる工法です。本体が工場で形成されているので品質が安定しています。衝撃や磨耗に強く、カラーバリ エーションも豊富なので仕上がりもきれいです。しかし、シートの結合部分で剥離しやすく、焼却するときにはダイオキシンの心配もあります。 ・住宅ベランダ
・廊下
・ビルやマンション屋上
マンション改修工事で培った当社の防水工事におまかせください!
施工の流れ

施工事例

ベランダのウレタン防水工事

施工前
施工前
施工後
施工後

ベランダのウレタン防水工事を行いました。
ベランダはコンクリートのちょっとした割れ目から水が建物内部に浸入することがございます。
防水工事を行うことで、水の浸入を防ぎます。

外壁塗装・防水工事に関するご相談は、HAMAへ どうぞお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォームへ